ホーム > エリア > 絶対に避けてほしい

絶対に避けてほしい

実際にノートパソコンの前で止まることなく変化しているマーケットを眺めていると、理由無くトレードをしなくてはいられないという衝動が沸き起こる方も少なくないだろう。

 

しかしながら、なんとなく思いで取引するのだけは、絶対に避けてほしい。

 

事実、外国為替相場は終日いつでもどこかのマーケットが関いているし、マーケットもどういう時でも、上がったり下がったりします。

 

しかし、取引をするとその分マイナスになる確率が高くなってしまいます。

 

当然、エントリーの回数を積み重ねる事で、儲けられる確率か50%、50%になっていきます。

 

けれどもその事は「なんとなく感覚で売買」することとは話が異なります。

 

トレード回数を重ねる意味というのは、「ここで勝負」と思いついた感覚を得たところでの売り買いの回数を積むという事です。

 

特段の理由も無く、エントリーを積み重ねるのとは全く違う。

 

為替相場の駆け引きに負けないためには主体的にメリハリをつけることが大切です。

 

「ここで勝負」と考えた市場の時には、迷わずポジションを買い増して、思い切り利益を追求します。

 

「明らかに分かりにくいマーケットで、どうなるか予想できないな」と感じたならば、潔く諦めてポジションを全部閉じて黙っています。

 

そのくらいの緩急をつけた方が最終的にはトレードはうまくいきます。

 

外国為替相場の名言には「休むも相場」というものがあります。

 

まったく言葉どおりだと思います。

 

外国為替相場とは、いついかなる時でも売買ポジションを保有する事が全部ではなくどれも保持せず静観していることもまた、取引です。

 

それならば、どういった時に、休めばいいのでしょうか。

 

最初に言われるのが先述した通り、これからの為替相場が曖昧で難しいときです。

 

これからどうなるのかわからないような時は、分からないまま行動すると、書いた脚本とは逆方向に外国為替相場が変動してしまい、損してしまいます。

 

そういう場合はポジションを無くして何もせずに静観を決め込むのが良い方法です。

 

ふたつめは、自身の健康状態がよくない時です。

 

コンディションと為替相場に関係ないと考える人もいると思いますが現実には関係があります。

 

体調があまりよくなければ外国為替市場のミスできない局面で正確な決定をする事が出来ない場合が多くなります。

 

気分が進まない時は、トレードから遠ざかる事も大事な事です。

 


関連記事

  1. 絶対に避けてほしい

    実際にノートパソコンの前で止まることなく変化しているマーケットを眺めていると、理...

  2. テスト

    テスト記事です。...