ホーム > 投資 > 制限をかけよう

制限をかけよう

破産申告で債務に関してその保証人となる人を立てている場合には、あらかじめ相談しておいたほうがいいでしょう。

 

再度、改めて言いますが借金に保証人が存在するときは破産の前段階に検討しておかなければなりません。

 

というのは自分が破産申告をして免除されると、その人が負債をまとめて支払う義務が生じるからです。

 

なので、破産手続きをする前に保証する人に至った内容や現状を説明しつつ謝罪の一つも述べなくてはいけないでしょう。

 

これらのことは保証人の立場から見ると当然のことです。

 

負債者のあなたが破産申告することにより、いきなり大きな返済義務が発生するわけですから。

 

そして、以後の保証人である人の選ぶ選択ルート以下の4つです。

 

まず、あなたの保証人が「みな返す」というものです。

 

あなたの保証人がすぐに負債をラクに返せるというような財産を用意していればこれが可能です。

 

そういう場合はむしろあなたが破産宣告せずに保証人となる人に借金して自身は保証人となる人に月々の返すという手順も取れるのではないでしょうか。

 

保証してくれる人が借金をした人と良い関係にあるのであれば弁済期間を延ばしてもらうことも可能かもしれません。

 

合わせて完済できないとしても、相談すれば分割に応じるかもしれません。

 

あなたの保証人に破産手続き行われると、カネがまったく返らないことになるからです。

 

保証人がもしそのお金をすべて払う財産がない場合は借金したまた同じくいずれかの借金の整理を選択しなけばなりません。

 

続く選択肢は「任意整理をする」処理です。

 

この場合貸方と話す方法でおおよそ5年弱の期日で弁済する感じになります。

 

弁護士などに依頼する際の経費の相場は1社ごとに4万円ほど。

 

全部で7社から債務がある場合約28万円かかることになります。

 

もちろん相手方との話し合いは自分でやってしまうことも不可能ではないですがこの分野の経験のない方だと相手が自分たちに有利なプランを出してくるので、注意が必要です。

 

いずれにしても、任意整理になるとしてもその保証人にカネを負ってもらうわけなので、あなたはたとえ少しずつでも保証人になってくれた人に返済をしていく義務があるでしょう。

 

次の3つめは保証人となる人も借金した人と同じように「破産宣告する」という方法です。

 

あなたの保証人も破産した人と同様に破産手続きをすれば保証人である人の借金もなくなります。

 

しかし、保証人である人が住宅等の不動産を持っているならばそれらの私財を取り上げられてしまいますし税理士等の職務にある場合は影響が出てしまいます。

 

そういった場合は、個人再生という制度を検討することができます。

 

一番最後の4つめの方法は「個人再生という制度を利用する」ことです。

 

不動産を処分せずに債務整理をしていく場合や破産宣告では制限がかかるお仕事に従事している方に検討していただきたいのが個人再生による整理です。

 

個人再生なら自宅は残せますし破産のような職種にかかる制限資格制限等はかかりません。

 


関連記事

  1. 返金不可能

    破産手続きにあたって抱えている返済義務に対しその保証人を立てている場合には、早い...

  2. 制限をかけよう

    破産申告で債務に関してその保証人となる人を立てている場合には、あらかじめ相談して...

  3. 制限をかけよう

    破産申告で債務に関してその保証人となる人を立てている場合には、あらかじめ相談して...

  4. テスト

    テスト記事です。...