ホーム > 投資 > 返金不可能

返金不可能

破産手続きにあたって抱えている返済義務に対しその保証人を立てている場合には、早い段階で話をしておいたほうがよいでしょう。

 

再度、改めてお話ししますが保証人となる人物が存在する場合は、破産の前段階でちゃんと検討する必要があります。

 

なぜなら、今あなたが破産手続きを出してOKが出ると、補償する立場の人がみなさんの負債をすべて支払うことになるからです。

 

ですので、自己破産手続きの前段階で保証人になってくれた人にこれまでの詳細とか現状を説明し、お詫びの一つもなければなりません。

 

そういったことは保証人となる人の立場に立つと当然のことです。

 

破産の手続きをすることによって、いきなり何百万円ものローンが発生してしまうのです。

 

以後の保証する立場の人の取るべき方法は次の4つです。

 

1点目ですが保証人である人が「全部払う」ということです。

 

保証人となる人がいつでも大きなポンと支払うことができるぐらいの財産を持っているならばできます。

 

そういう場合はむしろ自分で破産の手続きをせずにあなたの保証人に立て替えを依頼してあなたはその保証人に月々の返していくという選択肢もあると思います。

 

その保証人があなたと親しい関係にあるのならば少しだけ返済期間を延ばしてもらうことも可能かもしれません。

 

それにまとめて返金不可能でも、相談で分割による支払いに応じるかもしれません。

 

保証人に破産による整理をされるとカネが全然戻ってこないことが考えられるからです。

 

もし保証人がそれらのカネをすべて払う財産がない場合は借金したまた同じように何らかの方法による債務整理をすることを選ばなければなりません。

 

続く方法は「任意整理をする」ことです。

 

この場合債権者と話し合いを持つ方法により、5年ほどの年月で返済する形になります。

 

弁護士事務所にお願いするときのかかる経費は債務1件ごとにおよそ4万円。

 

合計7社からの契約がある場合だいたい28万円かかることになります。

 

むろん債権者側との示談は自分でやることもできないことはないですが経験や知識がない方だと向こうが自分たちに有利な提案を押してくるので、気を付ける必要があります。

 

任意整理で処理する場合もあなたは保証人に債務を立て替えてもらうことを意味するわけですから、借りた本人は時間がかかるとしてもその保証人に支払っていく必要があります。

 

続いて3つめは保証人となっている人も借金した人と同様に「破産する」という方法です。

 

保証人となる人も返済できなくなった人とともに自己破産を申し立てれば保証人となる人の借金も消滅します。

 

しかし、その保証人が株式などを所有している場合は所有するものを失ってしまいますし証券会社の役員等の業界にいるならば影響がでます。

 

その場合は、個人再生による手続きを活用するといいでしょう。

 

一番最後の4つめの方法は「個人再生をする」ようにします。

 

住宅等の不動産を手元に残したまま債務整理をしていく場合や、自己破産手続きでは資格に影響する仕事についている方に検討していただきたいのが個人再生による処理です。

 

個人再生なら、自分の家は残りますし、破産宣告の場合のような、資格制限が何もかかりません。

 


関連記事

  1. 返金不可能

    破産手続きにあたって抱えている返済義務に対しその保証人を立てている場合には、早い...

  2. 制限をかけよう

    破産申告で債務に関してその保証人となる人を立てている場合には、あらかじめ相談して...

  3. 制限をかけよう

    破産申告で債務に関してその保証人となる人を立てている場合には、あらかじめ相談して...

  4. テスト

    テスト記事です。...